派遣社員の場合カードローンの在籍確認はどうなるの?

派遣社員でも在籍確認は行われる?

 

派遣社員として働いている方がカードローンを利用しようと思い審査の申し込みをした場合、在籍確認を必ず行います。派遣社員の方だけではなく、カードローンの利用を申し込んだ方は全員在籍確認をしなければいけません。

 

在籍確認は申し込みをした方から提出された書類に記載された勤務先の会社で働いているという事を確認する事となっています。ですので、確認をする事が出来れば問題はないので、電話で在籍確認をする事が多いようです。

 

しかし、派遣社員の方の場合は登録している派遣元と勤務をしている派遣先の2つの会社が存在してしまう事になってしまいます。そのどちらに在籍確認の電話がかかってくるのか分からない方が多いと思われます。

 

実際に働いている会社の派遣先に電話がかかってくると思っている方が多いようですが、実際に従業員として席を置いているのは派遣元となりますので、カードローンの在籍確認は派遣元の会社に電話がかかってくるようになっています。

 

カードローンの在籍確認で利用がバレないか心配!

 

カードローンを利用しようとしている事を知られたくないと考える方は多いものです。しかし、カードローンの在籍確認ではカードローン会社の担当の方が個人名で電話連絡をしてもらえるのでカードローンを利用しようとしている事を知られてしまう心配をする必要はありません。

 

また、在籍確認の電話は申し込みをした本人が対応する必要はなく、働いている、申込用紙に記載されている会社に在籍をしている事が確認出来れば問題はなので「○○は席を外しています」や「○○は派遣先の企業にいます」といった対応を派遣元の会社の方にしてもらう事が出来れば在籍確認は完了になります。

 

しかし、注意しなければいけない事があります。最近はプライバシー保護のため派遣社員の身元を明かさないようにしている会社も多く、在籍確認の電話がかかってきても「○○はうちにはいません」と言われてしまう事もあります。そうなってしまうと在籍確認を完了する事が出来なくなってしまいます。

 

このような事にならないように、カードローンの申し込みをする前に事前に派遣元の社員の方に在籍確認の電話がかかってくるという事を伝えておく必要があります。

↓オリックス銀行よりもおすすめのカードローン↓

 


 

アコム