派遣社員でも状況によってカードローンを利用できる

近年では、非正規社員の数が増えてきており、派遣社員という働き方も珍しいものではない時代となりました。正社員であることが当たり前の時代ではありませんので、お金を借りるという面においても状況は変わってきています。

 

以前は、正社員でなければお金を借りることは難しいというイメージもありましたが、最近では派遣社員であっても状況によってはカードローンを利用できるようになってきているのです。

 

勤続年数は重要なポイント

 

派遣社員の人がカードローンに申し込む際に重要なポイントとなるのが、勤続年数です。勤続年数が長いということは、安定して雇用されているということになりますので、収入も安定しているというように判断されます。

 

少なくとも半年以上は勤続年数がなければ難しいという見方が一般的ではありますが、長ければ長いほど評価ポイントとしては高くなるでしょう。

 

派遣社員の場合には、一つの仕事をずっと続けるというケースは少ないので、その点で審査に不安があるという人がいるかもしれませんが、どのような仕事をしているかというよりも長く仕事をしているということが重要視されます。

 

派遣期間が評価される場合

 

派遣社員の場合には、法律の定めもありますが、それほど長い期間一つの会社に派遣されないというケースがよくあります。したがって、一つの会社への派遣期間が長いというような経験があれば、その会社から貴重な人材であるという評価をされていたとみなされますので、これも良いポイントに繋がります。

 

派遣先での評価が良ければ、他に派遣されても失敗することが少ないでしょうし、そうすると収入がしっかり安定することになるためです。もし、派遣期間が長かった経験があれば、その情報を積極的に伝えると良いでしょう。

オリックス銀行でキャッシングの審査を受ける際の注意点

 

オリックス銀行でキャッシングの申し込みができるのは、前年度に200万円以上の収入があった人のみです。前年度の収入が200万円未満の場合ですと残念ながら審査には通りませんので、アルバイトやパート、専業主婦の方はご注意ください。

 

ローンの申し込みをする際は、基本的なことですが、連絡先の電話番号やメールアドレスに誤りがないかしっかり確認してください。携帯電話番号やメールアドレスの入力ミスにより、ご本人と連絡が取れずに審査不合格となる方も多いそうです。

 

携帯電話番号、メールアドレスなどは慎重に入力しましょう

 

ローンに限らず、数字やアルファベットの入力間違いはよくあること。慌てずに、ゆっくり確認してから入力を終了するようにしましょう。ことに、キャッシングの申し込みはプライバシーにかかわることですので、電話番号やメールアドレスが間違っていると判明しても、自宅や勤務先への連絡は控えることが多いものです。

 

したがって、間違えて入力した可能性がある場合には、申込者のほうから銀行に問い合わせを行ってください。

 

いくつかのキャッシングに同時に申し込み、複数のローンを申し込んだから落ちたのだと早合点して、審査の結果が来なくてもそのままほったらかしにするケースがあるようです。

 

このようなケースの中には、本来は審査にパスしているのに、連絡先の入力ミスによって審査結果の連絡ができない人が含まれている可能性があるので、申込者の方から確認することが必要です。連絡がつかないまま一定期間が過ぎれば、審査不合格となってしまいます。

 

連絡先が不正確であったために審査に落ちたというのでは、非常にもったいないです。再度の申し込みをすることはできますが、また最初からの審査になりますので、時間と労力の無駄になります。

 

審査結果が遅いと感じたら、そのまま放置せず銀行に問い合わせた方が賢明です。

 

↓オリックス銀行よりもおすすめのカードローン↓

 

 

アコム